プチ整形!ヒアルロン酸(フィラー)の種類と持続期間の違いまとめ

プチ整形!ヒアルロン酸(フィラー)の種類と持続期間の違いまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

하린 潾さん(@bemy1in)がシェアした投稿


ヒアルロン酸注射は、日本の美容クリニックでも大人気の施術ですよね。施術可能部位が多く、ダウンタイムも最小で施術時間も短い。お悩みにすぐに変化を感じられるのも人気の理由です。韓国では、女優やアイドルなどの芸能人だけではなく一般人もヒアルロン酸注射を日本以上に気軽に受けています。そのため、日本以上に安価で技術が高いので韓国旅行に行く際に受けてみたいと考える人も多いのではないでしょうか?

今回はヒアルロン酸の種類や持続期間など、気になるヒアルロン酸について詳しく紹介していきます。

ヒアルロン酸注入の効果と挿入可能部位とは?

引用:http://www.minami-aoyama.info/treatment/hyaluronic/

ヒアルロン酸の注入は、老若男女問わず人気があります。ヒアルロン酸を注入することで、注入部分の皮膚のボリュームを盛り上げることができるのですが、ヒアルロン酸注入によってできることはシワ改善などのアンチエイジングだけではありません。

【ヒアルロン酸の効果】
・シワ改善
・たるみ改善でリフトアップ
・額に丸みを出す
・涙袋の形成
・唇のボリュームアップ
・低い鼻やだんご鼻の改善
・目の下のクマ改善
・シャープな輪郭形成

ヒアルロン酸は注入する部位によって、得られる効果が異なります。
シワが気になる部分に注入すればシワが改善されますし、口角に注入すれば口元をボリュームアップすることができるのです。

【ヒアルロン酸の注入可能部位】
・額
・眉間
・鼻筋
・目尻、目の下
・こめかみ
・頬
・ほうれい線
・口周り
・顎

なぜヒアルロン酸は人気があるのか?

ヒアルロン酸注射は、韓国では「フィラー」と呼ばれています。
もはやヒアルロン酸を注入するのは整形手術という認識を持つ人も少なく、手軽な手入れ感覚になっているのではないでしょうか?
ヒアルロン酸の人気の理由を見ていきましょう。

手軽に受けられる
ヒアルロンは、注射で注入するだけなので施術時間は10分程度です。
痛みも少なく、ダウンタイムもほとんどないので手軽に受けることができます。
しかも韓国であれば、5,000円~1万円程度で施術を受けることができるので、日本より3倍近く価格が安いことになります。

すぐに効果が見られる
ヒアルロン酸注入で嬉しいポイントは、すぐにその効果を感じられるということです。
注入して翌日には違いが分かりますし、一時的なものとはいえ効果も比較的長く続きます。一生効果が続くというわけではないものの、だからこそ試して気に入れば定期的に注入することで継続させられます。

ヒアルロン酸の種類や持続期間について

ヒアルロン酸を注入する際に、最も気になるのが効果の持続期間です。
ヒアルロン酸は種類によって持続期間も異なりますし、生産国も異なります。主流とされるヒアルロン酸の中でも持続期間が短いものは、韓国産のニューラミスやDANAEで3カ月ほど継続します。半年ほどの持続力のものであれば韓国産のYVOIREとなり、1年近くの持続力を求めるのであれば韓国産のチェウムプレミアムやフランス産のPerectha、ドイツ産のBELOTEROです。持続期間2年以上のものはオランダ産のエランセや韓国産のHYALINE、最長持続期間の5年のものでアメリカ産のBellafillがあります。

引用:https://ameblo.jp/lienjang/

日本のクリニックであれば、レスチレンやジュビダームといったアメリカ産のヒアルロン酸が人気ですが、韓国であればやはり韓国産のヒアルロン酸が国内産になるので人気があります。また、持続期間が長いものも人気がありますが、まずは様子を見るために持続期間が短いもので試してから持続期間が長いものを打つ人も多いようです。

まとめ

韓国では手軽に手頃な価格でヒアルロン酸注入の施術を受けることができ、ダウンタイムも少ないので旅行中にされる方も多い施術です。少し気になる部分を改善したいという人には韓国での施術も検討してみてはいかがでしょうか。


関連記事