【保存版】韓国と日本の脂肪吸引の料金を徹底比較

目次

韓国の脂肪吸引ができるクリニック徹底比較

 

この投稿をInstagramで見る

 

정화 , 데이로제さん(@ro.junghwa)がシェアした投稿


最近、韓国で脂肪吸引をする人が増えています。私も日本のクリニックで腰、太もも、ふくらはぎの脂肪吸引を2年前に受けましたが、韓国のクリニック情報を知っていたら韓国でしていたと思います。9月に二の腕の脂肪吸引を韓国で受ける予定なので、そちらはまた別途レポします。
今回は、韓国の脂肪吸引のクリニック選びのポイントと費用の徹底比較をしていきたいと思います。今回は以前Twitterでアンケートを取り、特に皆さんが気になっている【二の腕/太もも】を中心に比較します。脂肪吸引が気になっている方の参考になれば幸いです。

どうして日本のクリニックより韓国のクリニック?

韓国のクリニックで脂肪吸引をする人が多い理由は以下の通りです。
私自身も日本のクリニックで脂肪吸引を経験した後、韓国のクリニックでの脂肪吸引を知りましたが日本とかなり違うことに驚きました。

①費用が安い

脂肪吸引はクリニックによってかなり料金に差が出ます。私が調べたところ、日本の脂肪吸引の相場は、二の腕約10万~50万円、太もも25万~70万円ほどです。

≪日本美容外科の太ももの脂肪吸引料金比較≫

  水の森美容外科 269,000~599,000円
  品川美容外科 144,000~288,000円
  城本クリニック 200,000~350,000円
  湘南美容クリニック 462,910円
  東京美容外科 700,000円
  聖心美容外科 842,400円

 

≪日本美容外科の二の腕の脂肪吸引料金比較≫

  水の森美容外科 349,000円
  品川美容外科 96,000~240,000円
  城本クリニック 123,520円
  湘南美容クリニック 200,000~350,000円
  東京美容外科 270,000円
  聖心美容外科 500,000円

 

一方韓国でもクリニックによって料金の差はあるものの、二の腕20万円~30万前後、太もも20万~40万円前後です。あれ?そんなに変わらない?と思う方も多いかもしれませんが、脂肪の吸引箇所が日本より広く吸引量に比べて格安になります。

②仕上がりが綺麗

日本では少ない「脂肪吸引専門クリニック」が多数ある韓国では、脂肪吸引を受ける方が日本に比べて多く症例数も桁違いです。そのため技術も高く、日本で脂肪吸引を受けた後に韓国で再手術をする方も少なくありません。仕上がりのきれいさは技術の高さももちろん、アフターケアの手厚さも関係していると思います。そちらについては④にて。

③日本より吸引量が多い

吸引量や脂肪量によって異なるため、一概には言えませんが日本と韓国でカウンセリングを受けると吸引可能な目安量が全く異なることがわかります。また、整形口コミアプリなどで吸引量を公開している人も多いので、チェックしてみると一目瞭然ですが1.5~2倍程度の吸引量の差があります。もちろん、安全を第一に考える日本の吸引量の相場は少ないのも頷けますので、何を重視するかによって個人が自分に合う選択をするのがいいでしょう。

④アフターケアまで手厚い

私が日本で脂肪吸引を受けた際、アフターケアは全く必要ないといわれました。マッサージやエステも含めて何もしないでいいとのことでしたが、韓国は手術後、インディバというエステの機械でアフターケアをすることが一般的です。これにより拘縮とよばれる術後1週間程度で現れる脂肪吸収した部位の皮膚が硬くなったり、皮膚がぼこぼこしたりする状態を緩和することができ仕上がりがより綺麗に自然になる手助けをしてくれます。日本では術後のケアはほとんどありませんが、韓国ではクリニックによって最大4回までインディバを受けることができます。

⑤傷跡が少ない、目立たない

韓国と日本の症例を見比べて思った違いは傷跡の量と大きさです。韓国のクリニックでは傷跡が少なくまたとても小さいと感じました。

番外編:なんで日本では聞かない「液漏れ」が韓国の口コミでは多くあるの?

韓国で受けた脂肪吸引の体験レポートなどをTwitterで見ると、「液漏れ」というのをよく目にします。韓国では日本より大量に吸引することもあり、脂肪を溶かす液体を大量に入れるため、それが残ってしま術後出てくることが多いです。大量吸引してくれるクリニックほどそういった口コミが多く見受けられます。

脂肪吸引の種類

意外と知らない、意識していなかった脂肪吸引の方法ですが、知っておくとメリットが大きいのでまとめてみました。仕上がりのきれいさは医師の技術力はもちろんなのですが、そのクリニックが使用している脂肪吸引の方法も大きく影響してきます。値段だけではなく脂肪吸引の方法も参考にしてクリニックを選んでみてください。

チューメセント法

脂肪吸引の中でスタンダードな方法で多くのクリニックが取り入れている。チューメセントとは「ふやかす」という意味で、止血薬や麻酔薬などを薄めたチューメセント液を脂肪に注入してふやかしてから脂肪を吸引する方法です。こうすることで、負担を減らすことができます。他の方法と併用される場合が多いのも特徴も1つです。

ハイパーインフレート

前述で「チューメセント法」をご紹介したように、一般的な脂肪吸引の方法ではチューメセント液で脂肪をふやかす方法が取られていますが、これまでチューメセント液は皮膚に近い表面の浅い脂肪に飲み有効といわれていました。そのデメリットをカバーしているのがハイパーインフレートです。ハイパーインフレートは、チューメセント液と同じように止血薬や麻酔薬と、生理食塩水を混ぜたものを脂肪の層に注入して脂肪をふやかす且つ、浮かせて剥がします。そのため、チューメセントよりも脂肪の取り残しが少ないといわれています。

ベイザー脂肪吸引

ベイザー波を吸引部分に使うことにより、脂肪細胞のみを遊浮させて脂肪を吸引しやすくしてからカニューレという管で吸引する方法です。ベイザー波は脂肪のみに影響する特殊な超音波のため、他の方法に比べて皮下組織への影響は少ないです。また、皮膚の引き締め効果もあるため、仕上がりがより綺麗になりやすく手術後の腫れや痛みが少ないのが特徴です。ベイザー脂肪吸引に使う専用の機械が高額なこともあり、国内では価格協定が結ばれているのでクリニックによる値段の差はあまりないです。

ボディジェット

カニューレという管からジェット水流を脂肪細胞に当てて脂肪層と筋肉層との間に「ウォーターポケット」と呼ばれる水の隙間を作るためボディジェットと呼ばれています。脂肪吸引の施術では、体内にカニューレを何度も出し入れするため、筋肉層へのダメージが生まれてしまいますが、ウォーターポケットを作ることによってそれを防いでくれます。アメリカのFDAの認可を受けており、安全性の高い脂肪吸引の方法といえます。また、手術後の痛みを抑えたり傷口も小さく済むため、患者への負担が少ない方法です。

ボディタイト

ボディタイトは、高周波(ラジオ波)の熱を当てて脂肪を溶かし液体になった脂肪細胞をカニューレという管で吸引します。高周波の熱を当てるということによって、皮膚を引き締める効果もあり、術後の仕上がりに貢献してくれます。脂肪の取り残しが少ない施術方法で手術時間も短く済むことから体への負担も少なくメリットが多いのですが、新しい方法のため症例は少なく取り入れているクリニックや医師は少ないです。

ウルトラゼット

ウルトラゼット脂肪吸引は、韓国が開発した脂肪吸引方法で日本ではまだまだ症例が少ないです。超音波のエネルギーを利用した方法で、超音波で脂肪細胞を破壊して液状化させてからカニューレという管で脂肪を吸引する方法です。脂肪細胞のみにアプローチできるため、術後の痛みや腫れも少なく皮膚の凸凹ができる可能性も低いです。現在は韓国でのみ認可を受けている方法のため、日本では、取り入れているクリニックも少なく高額になってしまうため、この方法で受けたい場合は韓国で受けるのがおすすめです。

シリンジ

シリンジ脂肪吸引とは、一般的に脂肪吸引で使われるカニューレという管を使わず、シリンジという注射器を使って脂肪吸引する方法です。韓国では「脂肪抽出注射」と呼ばれていることが多いです。カニューレを使用する場合は皮膚を切開するため傷口も大きくなりますがシリンジの場合は、傷口もとても小さくダウンタイムも短いです。脂肪吸引での失敗が不安な方やラインを整えたい、少しだけ吸引したいという方にはとても向いています。施術時間は一か所30分ほどで身体への負担も少ないため、脂肪吸引初心者の方も安心です。

エルコーニアレーザー

エルコーニアレーザーは、肌にレーザーを数分間照射し脂肪を柔らかくしてから吸引する方法です。アメリカのFDAの認可を受けた低出力のレーザーで、欧米ではエルコーニアレーザーが一般的な脂肪吸引の方法だそうです。

体外式超音波

いくつもある脂肪吸引の方法の中でも、あまりおすすめしないのがこの体外式超音波です。皮膚の上から超音波を照射して脂肪細胞を破壊してからカニューレという管で脂肪を吸引する方法です。ベイザー波とは違い、脂肪細胞以外の組織にも影響してしまうため、医師の腕次第では超音波の照射の際に皮膚が火傷するリスクがあります。また、ダウンタイムも長いといわれています。

韓国【二の腕/太もも】脂肪吸引の料金比較

イベント価格ではなく正規価格を2019/08時点で問い合わせた結果です。二の腕は脇や副乳、肩甲骨を含めているのがベースのクリニックと腕の部分だけのクリニックがあります。そのクリニックの二の腕360度以上の最安の値段を記載しています。あくまで各クリニックの目安としてご覧ください。また、イベント価格を毎月用意しているクリニックが多く、気になるクリニックはSNSをフォローして随時イベント内容を確認しましょう。また、クリニックの特徴や口コミも踏まえてカウンセリングに行かれるのがおすすめです。

《クリニック》 《二の腕》ウォン 《太もも》ウォン
レックス整形外科(新沙) 65万 120万
ポーズ整形外科(狎鷗亭) 110万 149万
ジニークリニック/ジニエンクリニック(江南) 120万 199万
ヨンセスリムライン(狎鷗亭) 139万 159万
レアート整形外科(清潭) 170万 250万
江南三成ラマル(宣陵) 170万 230万
ラインカルチャークリニック(狎鷗亭) 200万 290万
リエンジャン整形外科江南店(江南) 200万 300万
ユマステム美容外科(狎鷗亭) 200万 300万
ドクターフィットクリニック(新論峴) 225万 279万
ドリームライン(新論峴) 260万 385万
バイウォンクリニック(新沙) 280万
ジュエリー美容外科(新沙) 300万 500万
フレッシュ整形外科・皮膚科(新沙) 330万 610万
バービーライン(新沙) 330万 550万
パーフェクトライン(新沙) 390万 450万
トップライン(狎鷗亭) 450万 450万

各クリニックの特徴

《クリニック》 《補足》
レックス整形外科(新沙) 中国から人気の脂肪吸引クリニックでかなり安い。

料金:イベント価格腕65万、太もも120万

ポーズ整形外科(狎鷗亭) 問い合わせから現地まで通訳がいないので少し難易度高め。トップラインと同じビルに入っており、地元韓国人から人気のクリニック。

料金:腕全体税込110万、太もも360+ヒップライン+膝の内側(= Dシャネルライン)149万ウォン

再手術:+33万ウォン〜55万ウォン
連絡:カカオのみ、自分で翻訳の必要あり
通訳:いないので自分で手配の必要あり

ジニークリニック/ジニエンクリニック(江南) 料金:二の腕120万ウォン、副乳、バストライン、後ろ各50万ウォン、太もも199万ウォン
連絡:LINE韓国語+日本語対応
ヨンセスリムライン(狎鷗亭) 予約が約6か月先まで取れるにも関わらずほぼ埋まっているという超人気クリニック。人気の理由は大量の吸引と安さ。ベイザーより大量吸引に適しているベルギー発の最新機器EVA2を使用。針が工夫されており出血量や術後のアザ、ダウンタイムが短いと言われている。脂肪移植:ソン院長2部位以上可能:ソ院長

料金:腕139万、太もも(ヒップライン含む)159万~
再手術:+40万ウォン
連絡:早め、LINE日本語対応
免税:あり

レアート整形外科(清潭) イベントを行なっていることが多く、イベント価格が安くて人気。

料金:二の腕 170万ウォン、太もも250万ウォン

江南三成ラマル(宣陵) 比較的どのメニューも安く、脂肪吸引と肌管理やプチ整形を同時に行う人もちらほら。ベイザーより大量吸引に適しているベルギー発の最新機器EVA2を使用。針が工夫されており出血量や術後のアザ、ダウンタイムが短いと言われている。

料金:腕170万、太もも230万(シャネルライン、お尻は追加50万)
再手術:+100万ウォン
連絡:早い。LINEは翻訳を使ってやりとり

ラインカルチャークリニック(狎鷗亭) 明洞の大使館前とほぼ同じレートといわれている高レートで有名なMISO両替所が目の前にあるので直前に両替するのも◎施術後、満足している声がほとんどで人気クリニックの1つ。
料金:腕200万ウォン、太もも290万ウォン
再手術:40%増
連絡:早い。LINE日本語対応
通訳:日本語通訳あり
免税:あり
リエンジャン整形外科江南店(江南) 皮膚管理で人気のクリニック。脂肪吸引の症例はまだ少ない。機械はマイクロエアーで脂肪組織以外の損傷を減らすだけでなく、吸引して出す脂肪組織自体の損傷も低く抑えられるので、他部位への脂肪移植に更に容易になる機械。

料金:二の腕360度200万ウォン、太もも全体300万ウォン

ユマステム美容外科(狎鷗亭) 料金:二の腕200万ウォン、太もも360度300万ウォン
再手術:50%増
ドクターフィットクリニック(新論峴) 傷跡が目立ちにくいとの口コミ複数あり。

料金:腕フルパッケージ298万ウォン、二の腕 225万ウォン、太もも279万ウォン、太もも+ヒップライン 298万ウォン

ドリームライン(新論峴) 日本人の症例や口コミがまだ少ないクリニック。

料金:腕(二の腕+副乳房+脇)260万ウォン、太もも(太もも全体+膝+シャネルライン+ヒップライン)385万ウォン

バイウォンクリニック(新沙) 料金が良心的で傷跡が目立ちにくいと人気。

料金:腕(脇、肩甲、副乳含む)280万、腹部380万
免税:あり

ジュエリー美容外科(新沙) 料金:二の腕(脇含む)300万ウォン、太もも全体500万ウォン
フレッシュ整形外科・皮膚科(新沙) 顔の脂肪吸引・脂肪移植で人気のクリニック。機械はウォータージェットとアキュスカルプを使用する。

料金:二の腕脂肪吸引330万ウォン、太もも(膝周りまで含む)610万ウォン

再手術:+100万ウォン
連絡:早い。LINE日本語対応

バービーライン(新沙) 前腕(肘から手首)までの施術を行っている数少ないクリニック。ベイザーより大量吸引に適しているベルギー発の最新機器EVA2を使用。針が工夫されており出血量や術後のアザ、ダウンタイムが短いと言われている。

料金:二の腕+副乳+脇 330万ウォン、二の腕+副乳+脇 + 肩甲骨 484万ウォン、二の腕+副乳+脇 + 肩甲骨~ブラライン605万ウォン、太もも550万ウォン、太もも+お尻693万ウォン
※BMIが過度に高い場合(23以上)には追加料金があり
※二の腕のみの手術は行っていない

パーフェクトライン(新沙) 料金が高いことで知られている。肘下の前腕の脂肪吸引に対応している数少ないクリニック。

料金:腕+副乳+肘まわり 390万ウォン、前腕250万ウォン、太もも(ヒップライン無し) 450万ウォン
再手術:20%増
免税:あり

トップライン(狎鷗亭) 口コミは今のところ賛否両論あり。同じビルにポーズ整形外科が入っている。イベント価格や交渉でかなり料金が前後するので、確認したほうがいい。
日本(湘南美容外科)でも取り扱いが開始したベルギー発の最新の脂肪吸引機器ライポマティックを使用しており、従来の機器よりダウンタイムの回復が早いと言われている。
二の腕360度+脇+副乳房450万ウォン
太もも450万ウォン
再手術:50%増
連絡:早い。LINE日本語対応。
免税:あり

 

各クリニックの詳細ページ

Co log.のHP内に各クリニックの場所やメニューの詳細、SNS情報などをまとめていますので気になるクリニックがあれば確認してみてください。

レックス整形外科(新沙)

★REX(レックス)整形外科

ポーズ整形外科(狎鷗亭)

★POSE(ポーズ)整形外科

ジニークリニック/ジニエンクリニック(江南)

★ジニークリニック / ジニー医院 / GINI CLINI

ヨンセスリムライン(狎鷗亭)

★YONSEI SLIMLINE(ヨンセスリムライン)

レアート整形外科(清潭)

★Les Arts(レアート)整形外科

江南三成ラマル(宣陵)

★江南三成ラマル

ラインカルチャークリニック(狎鷗亭)

★ラインカルチャークリニック

リエンジャン整形外科江南店(江南)

★LIENJANG(リエンジャン)整形外科 江南店

ユマステム美容外科(狎鷗亭)

★ユマステム美容外科

ドクターフィットクリニック(新論峴)

★ドクターフィットクリニック

ドリームライン(新論峴)

★DREAM LINE(ドリームライン)

バイウォンクリニック(新沙)

★Bywon(バイウォン)クリニック

ジュエリー美容外科(新沙)

★JEWELRY(ジュエリー)美容外科

フレッシュ整形外科・皮膚科(新沙)

★FRESH(フレッシュ)整形外科・皮膚科

バービーライン(新沙)

★BABI LINE(バービーライン)

パーフェクトライン(新沙)

★PERFECT LINE(パーフェクトライン)

トップライン(狎鷗亭)

★狎鴎亭 TOPLINE(トップライン)整形外科

韓国【二の腕】脂肪吸引のクリニックを選ぶ時のポイント

 

この投稿をInstagramで見る

 

우한경さん(@han_kyung__)がシェアした投稿

結局、二の腕をした後に前腕の方が太いことがきになって前腕だけできるクリニックを探されるかたも少なくないので1度でしっかり結果を残したいならパーフェクトライン、副乳などの二の腕の周辺部分も含めて細くしたいならヨンセスリムライン。傷跡が気になるなら、ドクターフィットやバイウォン クリニック。とにかく値段が安いところならレックス整形外科やポーズ整形外科あたりが候補に挙がります。
二の腕は個人では痩せにくい部分でもあるので細い方でも脂肪吸引をされる方は少なくないです。自分が何を重視しているのかでクリニック選びは大きく変わるため、そちらを一度考えてから気になるクリニックにカウンセリングに行かれるのがおすすめです。

韓国【太もも】脂肪吸引のクリニックを選ぶ時のポイント

 

この投稿をInstagramで見る

 

문이 / 비바문さん(@vivamoon)がシェアした投稿


再手術の方や値段を重視されるならヨンセスリムライン、傷跡や仕上がりを重視するならドクターフィット 、バランスがいいのはバイウォンクリニックなどが候補に挙がってきます。太ももは脂肪吸引の箇所として1番人気なので、どこのクリニックも症例をSNSに掲載するなどして積極的に情報を開示しています。気になるクリニックの症例を比較して、形や仕上がりで選ぶのも1つです。

他にもクリニックの候補を考えるとしたらどこ?

上記以外のクリニックでちらほら候補に挙がっているのを見るのは、「TL美容外科」「ロブルエビニュー」「狎鷗亭ミラクル」「グロービー」などですが、かなり情報通な方が+αでカウンセリングに行っているクリニックというイメージです。上記以外にも全て確認してから決めたい!という方はこれらのクリニックも検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

私自身、下半身は日本のクリニックで脂肪吸引をしましたし、来月韓国で二の腕の脂肪吸引を予約していることもあり今回は韓国の脂肪吸引クリニックについてまとめてみました。他にもたくさんの情報がございますので気になる事がございましたらCo log.の公式LINEまでご連絡くださいませ^^


関連記事